MENU

脂肪肝 サプリ

脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が蓄積されていることで、働き盛りの中高年の男性に多く見られます。自覚症状がほとんどないので、健康診断や人間ドッグの結果を見て初めて気づく方も多いそうです。そのまま放置してしまうと肝硬変や肝炎といった大きな病気にもなりかねないので気づいた時点で速やかに対処、治療して頂きたいです。

 

年齢とともに体の代謝は落ちてきます。そこに若い頃と同じような食事や生活をしているとどうしてもカロリーオーバーになってしまい、脂肪がたまってしまいます。食生活が欧米化になり、どうしても炭水化物や脂質を摂りすぎてしまう傾向があります。逆にタンパク質は少なすぎると脂肪肝になりやすくなるので、タンパク質は積極的に摂りましょう。他にもアルコールの摂りすぎ、意外にも無理なダイエットも脂肪肝の原因になります。

 

脂肪肝を少しでも減らすには、低カロリー低脂肪の栄養バランスの取れた食事、定期的な運動などが効果的ですが、毎日忙しく働いている方には正直難しい事でしょう。そんな時は肝臓の負担を軽くするタウリンやオルニチンが含まれたサプリがおすすめです。タウリンはコレステロール値を下げ、中性脂肪を排出する働きオルニチンは脂肪の代謝を改善し、肝臓の脂肪を分解する働きをそれぞれ持っているので日々の生活を見直しながら、サプリメントを上手に活用することで、脂肪肝を減らし肝機能の改善にも効果が表れるでしょう。

 

 

レバリズム-Lの特徴

肝臓は人間の臓器の中でも一番大きく、役割もたくさんあり休むことなく働き続けています。しかし不規則な生活、暴飲暴食、睡眠不足、ストレス、お酒の飲みすぎなどで肝臓に負担がかかっている人が現在1000万人以上いると言われ、大きな問題になっています。症状が出てからでは遅いので、身体の異変や健康診断の結果などで不安を感じたらいち早くレバリズム-Lを飲んで頂きたいです。しじみエキスにはオルニチン、牡蠣エキスには亜鉛、スクワランはサラサラ成分と肝臓にいい栄養素がたっぷり。さらにシスチンやビタミン類なども加わることで肝機能を正常に保つことが出来ます。すべて厳選された国産の素材ばかりなので、安心してお飲み頂けます。

価格 980円
評価 評価5
備考 オルニチン・亜鉛・サラサラ成分

 

 

カゴメ スルフォラファンの特徴

最近身体がだるい、目覚めがスッキリしない、疲れが取れないなどの身体の不調を感じていても忙しいからだと無視してはいませんか?これはきっと肝臓が悲鳴をあげているのかもしれません。肝臓の負担を軽くするためにもぜひカゴメ スルフォラファンを飲んで頂きたいです。スルフォラファンとはブロッコリースプラウトなどに含まれていて、身体の内側から健康の基礎力を支える素晴らしい栄養素。なんとブロッコリーの20倍も含まれています。1日の摂取目安量30rを1日3粒に凝縮されているので無理なく補うことが出来ます。

価格 2,143円
評価 評価4
備考 スルフォラファン

 

 

しじみ習慣の特徴

友達との楽しいお酒…断れない仕事上のお酒…ストレス発散のためのお酒…といろんなシーンでのお酒がありますが、どれも度を越してしまうと肝臓に負担をかけることになってしまいます。無理なくお酒を楽しみたい方、今の食生活に不安のある方にしじみ習慣を飲んで頂きたいです。主原料はしじみだけ。しかも大自然の中で育った黄金しじみを使用しているので安心。そんなしじみにはオルニチン・亜鉛をはじめとする肝臓にいい栄養素が35種類も含まれています。しじみを煮だして煮詰めて出来た濃いエキスをソフトカプセルにして飲みやすく。薬ではないので即効性はないですが、飲み続けることでお酒が美味しくなり、二日酔いも減り、元気に過ごせるようになります。

価格 0円
評価 評価3
備考 オルニチン・亜鉛

 

脂肪肝の原因はカロリーオーバー!食べ過ぎ!

 

脂肪肝になりやすいのは、中高年の男性です。年齢に従って体の代謝が落ちてくる一方で、なかなか若い頃からの生活習慣や食習慣を変えることができずに、ついつい食べ過ぎてしまって肝臓にも脂肪がたまっていきます。「脂肪肝」という名称から、脂肪を減らすことによって解消できると考えている人もいますが、脂肪肝はそういったものではありません。炭水化物が多くても結局は脂肪として蓄えられるようになるので、カロリーの摂取量自体を落としていく必要があります。

 

脂肪肝の原因は脂質ではなく、カロリーオーバーにありますから、普段の食事に注意する必要があります。脂肪肝の人は肥満の人が多いですが、必ずしも肥満の方は脂肪肝ということでもありません。脂肪肝はダイエットから引き起こされる場合もあり、極端なダイエットの後、代謝が落ちている状態で急に栄養を摂取するといつも異常に吸収されてリバウンドが起こってしまいやすいのです。脂肪肝になると、肝臓の機能も落ちてしまうために、余計に代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。たんぱく質が少ないと、脂肪肝を発症しやすくなるそうですから、たんぱく質の摂取量を増やすようにしましょう。

 

現代の食生活では高カロリーになりやすいですが、そのカロリーの大部分は炭水化物と脂質であり、たんぱく質の摂取はそこまでではありません。たんぱく質は全身で広く用いられるため、なかなか余ることはありませんから、炭水化物や脂質を減らし、たんぱく質を多く摂取するようにすると肝臓の再生にも役立ち、脂肪肝も解消されていきます。

 

反対に栄養不足も脂肪肝の原因になるかも…

 

脂肪肝というのは、基本的にお酒や食べ過ぎが原因になるひとつの贅沢病だと思われていますが、時には「低栄養性脂肪肝」と呼ばれる栄養不足から生じる脂肪肝もあります。一般的に脂肪肝は男性に多いのですが、この低栄養性の脂肪肝は女性に多い脂肪肝です。低栄養性脂肪肝が女性に多いのは、過剰な食事制限を伴うダイエットをしてしまいがちだからです。栄養のバランスが崩れた状態になると、肝臓の働きが低下するようになり、肝臓は栄養が不足していると認識して脂肪を溜め込むようになってしまうからです。

 

短期間で体重を減らすことができるダイエットの多くは、何かしら健康上のリスクを抱えていることを知っておく必要があります。正しいダイエットは、しっかり必要な栄養を摂取しつつ総摂取カロリーを減らし、そして消費カロリーを増やしていくダイエットです。必要な栄養まで摂取を控えれば、体重は落ちますが、それによって美容や健康を失う本末転倒なことになってしまいます。正しいダイエットは、脂肪肝だけでなくリバウンドも防ぐことができます。しっかりした食事と運動を基本にして、あまり短期間・楽なダイエットに頼らないようにしなくてはなりません。

 

食事面では、脂質の少なくたんぱく質の多い食品を増やし、脂質や糖質の吸収を防ぐ食物繊維を増やすようにするとダイエットもはかどります。キノコ類も食物繊維が多いのでオススメです。肝臓が負担を受けると、活性酸素による害を受けやすくなって、それが機能低下やガンなどの原因になると言われています。肝臓が元気な状態を保つことは、健康維持やダイエットにも大切なことです。

 

脂肪肝かどうかの検査、調べ方

 

「脂肪肝」生活習慣病のひとつに挙げられるのですが、自覚症状がほとんど無いので、健康診断や人間ドックの結果から初めて気づくケースがほとんどです。脂肪肝を放置してしまうと肝硬変や肝炎といった病気に進行してしまいますが、逆に言えば早期発見と早期対処ができれば進行を食い止め予防することが可能です。

 

脂肪肝というのは、肝臓におけるエネルギーの過剰蓄積が起こる病気です。その原因としては様々なものがありますが、主なものには過食やアルコールの飲みすぎがあると言われています。過食によって中性脂肪が多く作られてしまうと、肝臓に脂肪が蓄積されて脂肪肝となってしまいますが、医学的には「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」と言ってアルコール原因のものと区別しています。昔は非アルコール性脂肪肝は「肝硬変」にはならないと言われていたのですが、近年、非飲酒でも脂肪肝が進行した結果肝硬変や肝臓ガンとなるケースも多いようで注意が促されています。また、良く知られている通り、お酒の飲みすぎは脂肪肝の原因のひとつです。適量と言われる量は実際にはお酒が好きな人から考えると非常に少ないのですが、これを常習的に超えていると脂肪肝になるリスクを高めてしまいます。

 

脂肪肝かどうかを調べるには、大きくわけて血液検査、画像検査(超音波、CT、MRI)、肝生検あたりの検査が行われています。血液検査は名前の通り、血液の成分から肝臓の状態を推し量る方法で、画像検査は肝臓の状態を医学機器を利用して観察するもの、そして肝生検は肝臓の細胞を微量だけ採取して、その成分を調べてみるというものです。こうした検査によって、脂肪肝の判定やその進行度などを知ることができます。

 

脂肪肝を改善するには?

 

脂肪肝は、私たちの目で直接見ることは難しいですが、肝臓に脂肪が蓄積している状態でひとつの病気とも言うことができます。これは一般的には、食べすぎやアルコールの摂取が原因で起こると言われているのですが、その他にも原因はいくつかあるとされています。女性に多い、無理なダイエットも実は脂肪肝の原因になっています。このダイエットを行った後に、リバウンドを起こす人も多いと思うのですが、頻繁にダイエット→リバウンドを繰り返す中で肝臓に負担がかかってしまい、また栄養バランスが崩れてしまった際に脂肪肝が出てしまうケースも多々あるのです。

 

この脂肪肝の改善のためには、一般的な方法としては低脂肪・低カロリーの食事を摂取することを心がけること、そして適度な運動を定期的に行っていくことが必要だと言われています。とはいっても、それが簡単にできたら苦労はありませんよね。私たちは日々、仕事や友人の付き合いなどもあって外食する機会も多く、そのような低脂肪・低カロリーの食事をするというのは簡単なことではありません。ですから、毎日という考えを捨ててしまいましょう。まずは、毎日ではなく、週単位で食事を考えていくのが長続きする秘訣です。例えば、カロリーの高い食事をしたその翌日は低カロリーで食事をするというように、自分ルールを設定して調整するのです。

 

そして、自分ルールの二つ目として、タウリンが含まれている食材を一日ひとつ摂取する、などというのも効果があります。なぜなら、タウリンは、内臓に脂肪がたまらないように脂肪を肝臓の外に出す働きを持っているからです。ただ、タウリンが多く配合されているからと栄養ドリンクなどを使ってしまうと、糖分も多く含まれているのでかえって脂肪がつくもとになりかねません。なるべく別の食材やサプリから補給しましょう。
そして、何よりも大切にしてほしいことは、毎日の生活に運動を取り入れることが脂肪肝の改善には効果的だということです。これもやはり、毎日という考えを捨ててしまいましょう。週に数回、階段利用デーや、ひと駅前下車デーを作って、自分でイベントを作りながら運動する習慣を作ってみましょう。ちょっとした寄り道をして書店で立ち読みをするとか、デパートをぶらぶらしてみる日とか、そういう目的があれば歩くことも大変ではないのではないですか?その際に、ついつい買い食いしないように注意してくださいね。毎日の工夫ひとつで、生活の中に運動は簡単に取り入れることができるのです。実は、こうした毎日のちょっとした運動は、脂肪肝や生活習慣の改善には週に一度の激しいスポーツよりもずっと効果があると言われているのです。

 

脂肪肝の薬物治療

 

脂肪肝とは肝臓に中性脂肪がたっぷり蓄積されている状態のことです。これを改善するには「食事療法」や「運動療法」が一番効果的です。しかし、「仕事が忙しい」とか「ストレスがかかる」などで、できなかったり、あるいは実践しても効果が出ないことがあります。その場合は、最終手段として薬物療法により脂肪肝を治す方法があります。しかし、残念ながら現段階では「脂肪肝の特効薬」というのはないのです。脂肪肝の薬物療法では高脂肪に効果的な薬を使っていきます。そのため「飲めば脂肪肝が治る」というのではなく、あくまでも肝臓の中性脂肪を減らす効果を狙っていきます。

 

では「いつまで飲めば治るんだろう?」と不安に思う人もいると思います。脂肪肝の治療で大切なことは、生活習慣の改善です。脂肪肝の多くは、食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足が原因です。中には喫煙が原因になっている人もいるでしょう。肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常も指摘されているかもしれません。脂肪肝はメタボリック症候群の肝臓への表れでもあるのです。

 

薬を飲んでいる場合、生活習慣を変化させなければ、薬を一生飲み続けることになることをしっかり自覚してください。しかし、生活習慣を改め、減量に成功し、運動も適度に行えば、薬を減らしたり中止したりすることも可能です。どんな病気も、自分自身の体を整えて根本的に健康になれば治るものです。薬に100%頼るのではなく、補助的な位置づけで使用するようにしましょう。

 

脂肪肝に効く食べ物

 

脂肪肝は見た目にわかりにくい状態で、運動や食習慣を通して改善することが大切だと言われています。では、脂肪肝に良い食べ物にはどのような食べ物があるでしょうか?とりあえずカロリーが低いもの、と考えてしまうと他の病気を引き起こしかねません。栄養バランスを考え、必要な栄養の摂取量を増やし、不要な栄養は減らすことが大切です。

 

脂肪肝対策に有効な成分がタウリンなのですが、それが多く含まれているのが牡蠣です。タウリンには、コレステロール排泄作用や酵素の働きをサポートする作用があります。これらの作用があると、肝臓の負担が減るので肝臓が楽になりますし、また肝臓にたまってしまった中性脂肪を外に排出する働きがあります。

 

他にも、青魚にはタウリンの他にも血液の循環を助け、脂肪を落とすのに効果的な不飽和脂肪酸のEPAやDHAも多く含まれていますですから、サンマやイワシなどの青魚は、脂肪肝の他にも高血圧や心筋梗塞も効果があると言われています。それから、緑黄色野菜も良いと言われています。豊富なβカロテンやビタミン類は脂肪の分解を助け、代謝を助けるミネラル分も豊富に含まれています。ですから、脂肪肝を改善するためにはビタミンの摂取が不可欠です。ぜひ野菜を積極的に食べましょう。

 

また、海藻類も重要です。ミネラル・ビタミンを持っているだけではなく、食物繊維も多いので、食べ物の不要な脂肪分を絡めとって便として排出するのを助けます。また、低カロリーの食材としても知られており、量を食べて満腹感が出てもカロリー量は少ないのでダイエット食としても効果があります。それから、酢も効果があるので積極的に取り入れましょう。酢に含まれるクエン酸は、エネルギー代謝を効率的にしてくれる効果があります。エネルギー代謝が高まれば、消費エネルギーが増えるので脂肪の生成を抑えることが可能です。

 

白身の魚は脂肪が少ないため、脂肪を運ぶためのたんぱく質と最適です。肝臓には脂肪を全身に運ぶ役割がありますが、そのためには、たんぱく質が必要であることがわかっています。たんぱく質が不足すると肝臓にそのまま脂肪が残り、脂肪肝の原因になりますので、脂肪分の少ないたんぱく質を白身魚から摂取していくと効果がありそうです。また、同様に脂肪分の少ない鶏肉・豚肉・牛肉などもたんぱく源として重要です。特に、鶏のササミは脂肪分が少なくカロリーも低く、ダイエットに最適な食材です。

 

上記のような食べ物を上手く日々の食事に取り入れて、低カロリーかつビタミン・ミネラル・たんぱく質をしっかり補給し、効率よく脂肪を燃焼させるようにしましょう。もちろん、食べるばかりではなくしっかり運動も日々行いましょうね。

 

脂肪肝に効く運動

 

脂肪肝を予防・改善するためには、脂肪を減らしていく必要があります。やはり脂肪を減らすということで言えば、食事を見直すだけでなく運動を行う必要があります。ただ、肝臓についた脂肪はなかなか落ちにくいですから、ちゃんと考えて運動をしないと落とすことができません。
脂肪は余分なカロリーが体に蓄えられたものですから、カロリーをしっかり消費することによって脂肪を燃焼させることが重要です。ここで覚えておきたいのが、皮下脂肪と内臓脂肪の話です。肝臓につくのは内臓脂肪となるわけですが、これは皮下脂肪と比べると先に使われるので、燃焼させることは難しくありません。

 

では、どのように燃焼させるかというと、うまく運動をすることです。うまく運動をするというのは、有酸素運動によって脂肪を燃焼させるということ、そしてその有酸素運動でしっかり脂肪を燃やすことです。そのためには、有酸素運動の前に少し無酸素運動を取り入れると良いでしょう。無酸素運動のエネルギーは主に糖質から作られます。ですから、先に糖質を消費しておくと、体はエネルギーを作るために脂肪を燃やさざるを得ないのです。先に筋肉トレーニングなどの無酸素運動をしてから、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をするのが脂肪を燃やす際にはポイントとなります。単純に脂肪を燃焼させようとハードな運動をするより、継続的に軽い運動を長く行う方が脂肪の燃焼には有効です。運動に時間をかけるということがダイエット上は大切です。

 

更新履歴